すべての業務を自社でやってしまう。
ということができると一見すごい感じがしますが、実際のところ、本来集中しなければいけない業務に人員を回せていない、余計な人件費を使っている、ということになるので、あまりスマートとは言えません。
会社の主幹業務以外はアウトソースし、余計な負担を取り除くことが大切なのです。

たとえば、経理代行サービスがあります。
経理代行サービスとは、経理に関わるすべての業務を代行してくれるサービスのことです。
経理業務はすべての会社において必ず行われる業務ですが、裏を返せば、省略することが可能な業務だということです。
いちいち経理担当者や経営者がやるよりも、経理業務を主幹業務としている経理代行サービスに任せてしまう方が確実ですし、しかも身軽になれます。

経理代行サービスのほかに、社宅をサブリースするというアウトソースもあります。
大きな会社などでは社宅が必要となる場合もありますが、社宅の管理業務はもちろん本来の業務とは関係のないものなので、これも簡略化したいところです。
そこで登場するのがサブリースのシステムです。
サブリースとは、簡単にいえば「又貸し」のことで、業者と利用者の間にサブリース業者が入ることにより、社宅の管理を一任することができるのです。

イチ押しリンク